動画制作の技術

ウェブ制作

今まで行われてきた方法

動画制作を行おうと思うと専門の業者に依頼することが一般的でした。今でこそビデオカメラがありますが昔は動画を撮影する機材は高価なものであり一般の人が持つものではありませんでした。その後徐々にビデオカメラが普及していったものの個人での撮影には限界がありしっかりとした動画制作を行うには資金が必要でした。 動画制作における技術も年々進化しています。動画が撮影し始めた当時は白黒のものでありカメラも大きく数十キロもしていました。その後カラーでの撮影が可能になりカメラの大きさもコンパクトに発展していき片手で持てる大きさにまで小さくなりました。編集方法も昔はフィルムを切り貼りしていたものがコンピューターで行うように成長しています。

今後の動画制作について

今はパソコンやスマートフォンが普及して一人一台持っているような時代です。そのため誰でも簡単に動画制作を行うことができるといえます。そのため、動画制作を業者に頼むことも減っていくことが考えられます。また、動画の投稿サイトも多数存在しているのでこれからも様々な種類の動画がつくられていくことになります。例えば今までの技術ならばビデオ撮影しただけのものでしたが、今ではほんの少しの時間で簡単なエフェクトを付けることができます。よって今後も技術の成長は続いていくと考えられるので簡単にアニメやコンピューターグラフィックを作る時代が来ると思われます。 映画やドラマなどの自主製作も盛んに行われるようになる可能性もあります。しかし、満足のいく動画を制作しようとすると素人では質が低くなってしまうこともあるのでプロに任せた方が満足のいく動画に仕上げることが出来るといえるでしょう。