病院のホームページ

スーツの男性

SEO対策がとても重要

病院のホームページ制作は、他の業種のホームページ制作と比べてSEO対策が非常に重要な工程になってきます。自分が風邪になった時や、飼っているペットの具合が悪い時などを思い出して下さい。そう言った場合、近所に病院をネットで検索するとき、大抵の方は検索ウィンドウに「◯◯市病院」など、地名と一緒に病院を検索しますよね。そして検索結果の1ページ目の病院が、最も閲覧されやすい病院ということになります。なのでホームページ制作をする際は、タイトルやh1タグには必ず「地名」を入れるようにしなければなりません。TOPページや中ページに狙いたいキーワードを入れることにより、コンテンツSEO対策になります。割合的には、狙いたいキーワードを1ページあたりに「3〜5%程度」にするのがよいでしょう。

ユーザビリティの高いデザイン制作を

一般的に病院と言うと「痛い」「行くのが嫌」「面倒」など、ネガティブイメージを持った人が多いと思います。そんなイメージを払拭するためにも、病院のホームページ制作するに当たって一番力を入れるべき点は「デザイン」です。ホームページを訪れるユーザーの第一印象は10秒以内で決まると言われています。ここがどんな雰囲気か、院長やスタッフはどんな人か、設備はきっちり整っているのか、最初にパッと見た時のデザインが良ければ、自然に次のアクションも起こりやすくなります。特にグローバルナビゲーションやファーストビューのキャッチコピー等が第一印象を決定づけるとされています。ファーストビュー部分は、病院の一番のウリにしている部分、患者様にお伝えしたいことなど、誰が見てもわかりやすいキャッチコピーや画像を使ってTOPに掲載するのがよいでしょう。ナビ部分は、どこに何があるのかを一目でわかりやすくする部分です。横幅100%いっぱいにし、背景とは違った目立つ色にすることで、ユーザビリティが高くなります。その他にも、日々の診察や事例についてのブログなどを書くと、より効果的にその病院の良さや特徴を患者様に伝える事ができます。また、自分達で制作することが難しいのであれば業者に依頼すると良いです。